FEEK

関西ファッション・グルメ・イベント密着メディア

スポンサーリンク

バレンタインチョコを男性目線で選んでみた。その結果…

f:id:yojikawada:20160207211201j:plain

女性と男性では考え方や感じ方、いろいろな面で違いがありますよね。

もちろん味の好みも違います。

で、せっかくバレンタインチョコをあげるなら、おいしく食べてもらいたい!と思いませんか??

そこで男性が好きな味で、もらうと嬉しいチョコを男性目線で選んでもらいました!!

 

関連記事

feek.hatenablog.com

とりあえずGODIVAへ

今回、2名の男性に協力いただきました。

ちなみに男性の年代は30代です。

「どういったチョコをもらうと嬉しいですか?」

と聞くと、

GODIVA(ゴディバ)でしょ!!

と即答されましたので、GODIVAへ向かいました。

道中、GODIVAをふざけて”ゴダイヴァ”と呼んでキャッキャッ言っていたのがうっとおしかったです。

GODIVAに入ろうとするも…

f:id:yojikawada:20160207195534j:plain

GODIVAのショップへ入ろうと、外からおっさん2人が店内をうかがっております。

写真の左にいるのが、今回、企画をお願いした男性たちです。

遠目から見ると、なかなかシュールな感じですね。

ただ、なぜかなかなか入ろうとしません。

まごまごしています。

先程のゴダイヴァ、ゴダイヴァとうるさかったテンションは全く見受けられません。

と、突然、こっちを振り返り…

結果

f:id:yojikawada:20160207195652j:plain

なぜかビールで乾杯しています。

モザイクをかけていますが、このときの2人の表情はやり切れない雰囲気が漂っていました。

よくよく聞くと、女性たちが真剣にチョコを選んでいる空間に入る勇気が出なかったようです。

はい、ただのヘタレなおっさん達です。

ヘタレなおっさん達と明石焼きを食べる

おっさん達が逃げ込んだお店が「ぶぶ亭」。

阪急三番街にある明石焼きがおいしいお店です。

tabelog.com

入ったからにはしょうがない、と思い明石焼きを食べることにしました。

f:id:yojikawada:20160207202123j:plain

うん、めちゃくちゃおいしそうです!

「明石焼きは明石市では”玉子焼”って言うんやで~」

と調子を取り戻したおっさんが教えてくれましたが無視しました。

食べてみると、中はふわふわとろーりしており、出汁も薄味でちょうどよく、いくつでも食べることができそうです!!

 

おっさんに、グルメレポートっぽく箸でつかんでプルプルしてみて、というと嬉しそうにしてくれました。

f:id:yojikawada:20160207202431j:plain

写真なのでプルプル感は全く伝わりませんね。

なんだろう、この意味がない写真…

 

もう一人のおっさんは、グラタンたこ焼き、というちょっと変わったものを頼んでいました。

f:id:yojikawada:20160207203029j:plain

食べるとこれもおいしい!

ホワイトソースとたこ焼きのトロトロ感がいい感じでミックスされています。

しかも、タコの代わりにサラミが入っていて、たこ焼きではない感じでした!!

男性がもらうとうれしいチョコ

このままでは明石焼きの記事になりそうだったので、男性がもらうとうれしいチョコを聞いてみました。

「手作りチョコってどうなんですか?」

と聞くと、好意を抱いている相手からならうれしい、とのことです。

ただ、そこまで好意を抱いていない相手から手作りチョコをもらうと、ちょっと困ってしまうようです。

「好かれているかどうかわからない場合はどうすれば?」

と聞くと、

「高級チョコはNG。だからといって駄菓子もイヤだけど…

高級チョコはお返しを期待しているみたいに感じるしね。

高くなくても、自分がおいしいと思うチョコをくれたら嬉しいかな。」

とマジメに答えてくれました。

「こいつら最初GODIVA、GODIVAいってたやん」と思いましたが、グッとこらえて帰りました。