読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

FEEK

関西ファッション・グルメ・イベント密着メディア

スポンサーリンク

クラッシックカーが集まる赤レンガ倉庫でポートレート!モデルは広野くるみ さん!

ジーライオンミュージアムで撮影する広野くるみ さん

大阪でここまで雰囲気が良くて撮影がしやすい場所はない!

こんにちは!ちょっぷ。です。今日は大阪港の近くにある赤レンガ倉庫にできたジーライオンミュージアムへ撮影に来ました。赤レンガ倉庫は、大正12年に建設された敷地面積3000坪の赤レンガづくりの倉庫なんですが、その4棟をリノベーションし約250台のクラシックカーの展示をしているのです!そして、全てのクラシックカーは購入可能なんです!(買えませんが・・・)

昼に撮るか、夜に撮るかで全く異なるスポット

館内はフラッシュ禁止なので、夜に撮影するには技術を要します。しかし、館外はフラッシュOKな上に、レトロな倉庫がライトアップされるので景色はとても美しいです。景色重視なら夜が絶対おすすめです。一方、昼間は天井から少々ですが自然光が入りますので館内ではフラッシュなしでも撮影しやすいでしょう。貴重なクラシックカーは館内にありますのでクルマがメインなら昼が良いでしょうね!

FEEKでは広野くるみ さんと夜に行き、モデルメインで撮影!

今日のモデルは広野 くるみ さんです。

広野 くるみ さんの関連記事
www.feek.jp

www.feek.jp

光が少ない館内から撮影スタート

館内は思った以上に暗いです。これはカメラの設定やスペックが重要ですが、モデルさんにもある程度動きを止めてもらう必要がありそうです。

スポットライトがあるところを探して撮影開始!

広野くるみ さん
いきなりモノクロです。後になんとなくクラシックカーが映ってます。

広野くるみ さん
展示車を見つめるようなカット。

背景のクルマは次々変わりますが、メインはくるみさん!

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん
アップで沢山撮影しました。色々な表情をしてくれます。

少々移動して、中央にある商談スペースのようなところに行きました。勿論商談はしません!(買えるお金がありません)

ここはバストアップから撮影しました。

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

スポットライトの明かりが強くて撮影が難しいです!!

今度は、ちょっと引いて、カタログを見つめるくるみさんを撮影しました。

広野くるみ さん

広野くるみ さん

すごく絵になりますね~。背景のクラシックカーもこんなにボケ気味でいれても存在感をアピールしてきますね!

広野くるみ さんとトヨタ2000GT

館内最後の撮影は、超貴重な国産クラシックカーのトヨタ・2000GTと!

館外での撮影は超美しいスポット

さて、外ではフラッシュOKなので撮りやすそうです!そして、赤レンガ倉庫の美しさがでる背景です。早速、アップで撮影しました。

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

一杯撮りましたね。背景が美しいと言いましたが、あくまでもメインのモデルさんを引き立てるためのものです。

クラシックはガス灯にもたれ人を待つようなくるみさん。ほんと、タイムスリップしたみたいな雰囲気です。

広野くるみ さん

広野くるみ さん

場所を変えて撮影。どこで撮影しても雰囲気が良いですねー!

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

次はイギリスの超高級車ロールスロイスとのツーショット。セレブですね!

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

ほんと、くるみさんは色々な表情を見せてくれます。

そして、駐車場に移動しました。駐車場といってもレトロ感があります。

広野くるみ さん

広野くるみ さん

引いて撮影。赤レンガは耐震性の為、鉄骨で支えられていますが、外観を損なってないですねー。

広野くるみ さん

広野くるみ さん

カフェも超おしゃれ!

ジーライオンカフェ1923というカフェが敷地内にあります。こちらは屋内ですがフラッシュOKです。とはいえ、他のお客さんもいますので、あんまりパシャパシャするのはマナー違反ですね。

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

広野くるみ さん

落ち着いた表情がいいですね。カフェにはもちろんアルコール類もありますよ。

広野くるみ さん

広野くるみ さん

これで撮影はおしまいです。一仕事を終えたくるみさんの表情は素敵ですね。

ポートレート撮影を振り返って

とにかく雰囲気がすごく良いです。アクセスも良いので、撮影場所にマンネリ化に困っていたら是非お勧めです!今回のようにモデルさんをメインに撮影しても良いし、クラシックカーをメインにするのも有りだと思います。ミュージアムの入場料は大人1,500円がかかります。しかし、その為かお客さんが少ないのがいいですね!どうしても写真を撮る際には他のお客さんが気になりますからねー。

そして、写真にはおさえていませんが、駐車場を案内してくれるスタッフの服装も超高級ホテルのスタッフの様で、案内もすごく丁重にしてくれます。このあたりの徹底ぶりにも関心をしました。

ジーライオンミュージアムの入場料

大人:1,500円
小人:500円
※大人の入場料にはレストランやカフェで使える500円券が含まれています!

ジーライオンミュージアムの場所と行き方

利用時間:10:00~22:00
定休日:水曜日(祝日の場合は翌日)
場所:赤レンガ倉庫
住所:〒552-0022 大阪市港区海岸通2丁目6-39

路線名 駅名 駅からの時間
中央線 大阪港駅 徒歩3分